訪問看護の費用は保険の区分により分かれており、
介護保険と医療保険に分かれます。介護保険を利用するには、介護認定が必要です。
また、介護保険による訪問看護と医療保険による訪問看護は同時に使えません。
但し、病気の内容や症状によって両方の保険を利用できる事もあります。
詳しくはお問い合わせください。

介護保険で訪問看護を利用できる方
65歳以上 介護認定を受けられた
要支援1以上または要介護の方
65歳未満~40歳以上 ※16特定疾患の対象者で介護認定を受けられた
要支援1以上または要介護の方
40歳未満 ご利用できません
  健康(医療)保険で訪問看護を利用できる方
65歳以上 医師が訪問看護の必要性を認めた方
65歳未満~40歳以上
40歳未満

※16特定疾患とは主に加齢が原因となる病気の事です。